CFDと日経225先物は初心者向け?それぞれを比較してみよう

同じ証拠金取引でもCFDと日経225先物は別物となります。
どちらも投資初心者でも利用しやすい取引ですが、たまにどっちがどっちなのかゴチャゴチャになる方も要るようです。
まずはCFDと日経225先物、この2つの違いを明確にする為にもそれぞれを比較してみましょう。

まず最初は最低取引単位ついて、説明したいと思います。
CFDの場合、取引業者によっても異なりますが基本的には1単位から取引OKで、且つ証拠金は5%~と定めている業者が多いです。
一方の日経225先物は、最低1,000単位からの取引が可能で当日の日経平均株価の1,000倍が1単位となります。
その為、証拠金もまとまったお金が必要だということです。
さらに違いは取引時間や手数料など例外ではありません。
CFDはほぼ24時間の取引が可能で、手数料も無料としている業者が多いので使い勝手良く感じられるでしょう。
しかし日経225先物は夜間の取引時間が短い為、日中働いている方にとっては不便に感じることも多いはずです。
手数料に関しても無料というところはないので、CFDに劣っている…と感じる方も要るかもしれません。
ただし日経225先物にだって魅力はたくさんあります。
それぞれをよく比較し使い勝手が良いのはどちらなのか、自分に合っている取引を選ぶようにしてください。

CFDについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

カテゴリー: CFD パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>